Results tagged “ブラインド・タッチ” from 羽田直樹:健康と幸せと幸運と裕福をお届けします。ありがとうございます。

65歳からでも

実家に帰省したときに、父親と妹に教えてたことです。人生が楽になるスキルの1つです。

ローマ字入力の練習です。カナ文字入力はできれば、出来なくてもよろしいです。私も出来ません。

ブラインド・タッチ

コンピュータのキーボードを見ないで打つことを、ブラインド・タッチ(blind touch)といいます。 タッチ・タイピング (touch typing) ともいいます。

これを覚えると、キーボードを見ないで打てるので、画面を見たり、キーボードを見たりしないので、目が楽になります。

そのうち、思ったことが自動的に画面に出てくるようになります。

1日30分1週間

マスターするには、1日30分ほど1週間ほどで出来ます。時間を空ける必要があるのは、忘れるからです。 忘れかけたときに思い出すというのを繰り返すと、忘れなくなります。

覚えると、その後の人生が楽になります。準備はよろしいですか?

全部覚えなくてもよい

キーボードを全部覚える必要はありません。個人的には、アルファベット26文字だけで十分だと思っています。

気が楽になりました?

数字はテンキーを使えばすぐに見ないで打てますし、記号はそれほど使わないし、キーボードによって違ったりするので、 結局見て打つことが多くなります。

アルファベットだけ出来たら、十分です。簡単ですね。

ホーム・ポジション(Home position)

というのが、あります。基本の指の場所です。野球やサッカーの守備の位置のようなものです。

左手の人差し指が「F」のところ、右手の人差し指が「J」です。

キーボードに出っ張りがあったりして、見なくても分かるようになっていると思います。

他の指は、横に1つづつ置きます。

守備範囲

ホームポジションの位置にあるキーは、その指の担当です。

上と下のキーもその指の担当です。

人差し指だけが2列を担当します。

リターンキーなどは、小指の担当です。

アルファベットのキーだけ覚えればOKですよ。

覚え方

まず、「あいうえお」を覚えます。

キーボードを見てAIUEOの場所を確認して、見ないで順番に打ってみます。

簡単ですね。「あいうえお」がキーボードを見ないでも打てるようになりました。

次に、「K」を探します。「かきくけこ」と打ってみましょう。

次は、「S」を探して、「さしすせそ」です。「し」は、「SHI」でも「SI」でもどっちでもいいです。

これで50音を打てるようになりました。

好きな言葉

次に、好きな言葉を打てるようにします。よく使う言葉も覚えるといいです。

ありがとう、こんにちは、です、ます。自分の名前などです。

記号は覚えなくてもいいと書きましたが、「。」と「、」ぐらいは覚えておくといいです。

文章を打ってみる

最初は文章を考えながらだと、わけがわからなくなるので、何か適当に写すのが、よろしいと思います。

好きな歌の歌詞でも、お経でも、新聞の記事でも、何でもいいと思いますよ。

繰り返し

上記で一通り出来ていますので、あとは繰り返しです。忘れたら、いつでもキーボードを見て確認できます。

ただし、見る前に「どこだっけ」と思い出すようにすると、早く覚えると思いますよ。

1週間

1週間、頑張ってみましょう。 段々、上手に打てるようになりますので、あせる必要もありません。

コツ

声に出してキーボードを打つと早く覚えることができます。

まとめ

キーボードを入力するのが面倒に思いますと、メールなどで日本語が雑になってしまいます。

そうだとすると、非常にもったいないことをしていることになります。

1週間だけ練習してみましょう。車や自転車の運転を覚えるより簡単です。

覚えると、その後のコンピューター人生が楽になりますよ。

-Naoki

 

お問い合わせ(ご質問、ご注文など) | 羽田製茶にご注文 | シリコンバレー不動産 | English site

お問い合わせ(ご質問、ご注文など) | 羽田製茶にご注文 | シリコンバレー不動産 | English site

プロフィール

Maintenance by

Pages

最近のブログ記事

サインイン

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

タグクラウド

サインイン