霜が降ると どうなるか?

|

霜害とは 茶の芽の生育が進んだ 4月より5月の寒い朝に畑とか家の屋根が 雪ではなく 白くなる状態を言います。

前年の秋より充分に養分をためた 茶園が冬から春に むかって温度が上がって来ると 新芽がでます しかし新芽は赤ちゃんの様に低

温に弱く たった 一夜の霜で全滅になります。

霜害を受けた 新芽は 2~3時間で枯れて その日のうちに ( 霜の状態によりますが強い霜の場合は )  見る影もなく 全滅します

茶作り農家の最大の被害となります。

そこで開発されたのが 自然にさからった 防霜設備です、

羽田重成


羽田重成
連絡フォーム

Pages

カテゴリ

最近のブログ記事

2009年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

タグクラウド