防霜施設について (2)

|

P3120164

羽田製茶の茶園より鈴鹿山脈をバックに写した

防霜ファンの風景です 空気の綺麗な大自然の

中で お茶は作っています

鈴鹿は鈴鹿山脈よりの吹き降ろしの風が冷たく

遅霜に多く遭う地域です だから防霜ファンが発

売された頃は大変な高額でしたが ある程度の

防霜効果が確認でき 最近は普及して 効率も向上する集団で導入しています。

防霜の設備は最初は 10アール当り50万円前後かかりますが 必需品なので投資し

ています                            

3月20日

羽田重成


羽田重成
連絡フォーム

Pages

カテゴリ

最近のブログ記事

2009年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

タグクラウド