Results tagged “花” from 羽田真弓のブログ ♪♪ 私のささやかな日常 ♪♪ 

花とミツバチ

|



自宅の庭で咲いている菜の花の蜜を吸いながら、ミツバチが受粉していました。
 春が少しづつ近づき、冬の気配が遠ざかり、最近とても暖かくなってきました。

バラの花

|
少し前にTVで、もらってうれしい花は?という質問で、
多くの女性は、豪華・香り高い・品格がありそう、一輪でも立派に見えるなどからバラの花と答える人が多かったです。

豪華という点から、花びらの数の多い牡丹の花と比較していたのですが、八重のバラの花の方が花びらの数で少しですが、勝っていました。
バラの花びらは、実はおしべが品種改良によって花びらへと変化したものだそうです。
実際に花びらの数と原種のおしべの本数を比較するとほぼ同数になっていました。
原種のバラの花自体は、花びら自体は5枚ほどの小さな花で、本当にバラの花なのかと思うほどですが、茎にはシッカリと棘が生えているそうです。

また、ローズヒップは、バラの花の受粉によってできるバラの実のことを言うのですが、これも一般的に私たちの目に映るバラではなくて、原種のバラから取れるものだそうです。
なぜなら、一般的なバラは、花びらが多すぎて、ミツバチが受粉をしたくてもおしべとめしべに到達しないことと、花の香りがあまりしないそうなのが原因ということでした。

バラのイメージといえば、香水などからもいい香りがするイメージがあるのですが、実際には一般的なバラにはあまり香りがしないそうで、それに対し原種のバラは一般的なバラの3倍近くの香りがするため、香水などは原種のバラから採取されるということでした。

様々な品種の改良を経て、私たちの目に映るバラはとても豪華なモノになってきている半面、今まで持っていたモノが失われてしまってるようにも感じますね(-_-メ)

でも、美しいものは見るだけで癒されるので、これもまた必要なことですね。(*^^)v

牡丹の花

|

庭に一本の牡丹の花の木があります。

17日に1輪花が咲いているのに気づいて、撮影し、翌日見てみるとほとんどの蕾が満開の花になってました。

 20090417-P1010205  20090417-P1010210

たった一日で満開の牡丹が咲いていて、蕾から花になるまでの時間の早さに驚きました。

やっぱり、それだけ暖かくなってきているということなんですね。

1輪だけでも直径12~14cmほどある花が5~6個咲いていると本当に豪華ですね。

 20090418-P1010225  20090418-P1010223

羽田真弓


羽田真弓
連絡フォーム

Pages

Tags

August 2017

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Archives