Recently in 霊感を呼ぶ、心に残る一言集 Category

p.66-67

文明の世界の規定:
未開世界の発達進歩に干渉しない。

未開世界が文明世界と呼ばれるようになる3つの条件
1)宇宙の基本法を知ること。
2)世界の統一をはかること。たった1つの政府。
3)宇宙の基本法に基づいた組織をつくること。

1を知って実行すれば、2と3は簡単。

===

多分、勘違いする人はいないと思いますが、2は、世界征服をするということではありません。

似たような政府はすでにあります。アメリカ合衆国も50の別々の法律と税金のある州からできています。欧州連合 (EU ヨーロッパ連合)も似ています。

世界規模で広げて、みんな友達なんだから武器なんかいらないとできれば、今回の卒業試験に合格です。


アミ 小さな宇宙人 (単行本)
エンリケ バリオス (著), Enrique Barrios (原著), 石原 彰二 (翻訳), さくら ももこ

お問い合わせ(ご質問、ご注文など) | 羽田製茶にご注文 | シリコンバレー不動産 | English site

お問い合わせ(ご質問、ご注文など) | 羽田製茶にご注文 | シリコンバレー不動産 | English site

目的

人生の目的なんて、気にしない人は気にしなくてもいいわけですが、気になってしまったら、それはいいきっかけだと思います。

私の場合には、糖質栄養素ビジネスを通して、家族、友人、お客さまとお話をするきっかけからでした。

健康ビジネスですから、人の生死にも関係します。

いい本

そういう疑問が出てきたら、ネットで検索するととてもいいサイトや本の紹介があります。ホントに便利になったものです。

宗教はなくなるとか言われるのも、この便利さによると思います。

飯田史彦さん

「生きがいの創造」などの本の中で書かれているのは、「修行」とか「学び」のためとあります。

なるほどなぁ、と思っていたのですが、あんまり共感はしませんでした。

個人的には、努力や修行というよりも、楽しむことのほうが好きに思ったからです。

仕事でも、趣味でも、好きなことをして、それを追求しても、あまり、「努力」とか「修行」という言葉は使いたくないようにおもいます。

飯田さんは学校の先生なので、「学び」というのが合っているのでしょう。本のシリーズはとても好きです。

「神との対話」

ニール・ドナルド・ウォルシュという人の本で、神さまとの対話という形でのチャネリングの本です。

チャネリングからの情報というのは、誰かわからない存在からの情報とも言えるので、全部を頭から信じるのはよしたほうがいいと思います。

この本のシリーズはとてもいいと思います。チャネリングからの情報というのは、考え方が飛躍しているというか、思いつかないような情報がありますので、とても刺激にはなります。

その神さまが言うのは、全ての知識を能力を持っている神さまが、「体験」したいと思って、自分の一部をばらばらの魂にしたそうです。

つまり、頭でっかちの神さまが、「それは本当にそうなのか?」ということで、実際に体験してみたく、実践に踏み切ったようなところのようです。

それで、私たちはその一部ですので、「体験する」という同じ目的をもっているそうです。体験をしながら、だんだん、本来の自分を思い出していくというのが、神さまの家に帰る道だそうです。

全部、一度に思い出してしまうと、楽しい体感ゲームが終わってしまうので、少しずつ思い出していくのでいいようです。

チャットのようで、読みにくい本ではあるのですが、個人的には、この本のシリーズに出会えたことには、とても感謝しています。

足立幸子さん

小林正観さんの本で、足立育郎さんという人の紹介がありまして、その中に妹の幸子さんという紹介で知りました。

もう他界されていますが、「あるがままに生きる」という本も出されています。

その本に書かれていたことですが、「味わう」ために生まれて来たのだそうです。

この言葉は、本当にそうだなと納得しました。

とってもおいしいラーメンの話を聞いて、本などの紹介記事も読んだとして、最終的にはやっぱり「味わってみたい」という好奇心でしょう。

ということで、「体験」というのもいいと思っていたのですが、「味わう」というのもとてもいいように思いました。

迷子

神さまの家に帰る道は、たくさんあってどんなたどり着けるそうです。

ただし、望ましい道とそうでない道はあるそうです。

たとえば、私がサンフランシスコ空港から、日本行きの飛行機に乗れば、三重県の実家に近くなる方向です。

ニューヨーク行きの飛行機に乗ってしまうと、完全な間違いではありませんが、目的から考えると望ましい方法ではないです。

何が言いたいのかと言うと、「体験」したいと自分が思うことであっても、望ましいこととそうでないことがあるようです。

天国と地獄というのを考えてみます。天国は神さまの家ですから、魂が統一というか融合する方向です。そうすると、地獄は分離です。

つまり、自分は世界とつながっていると考え方のほうが、天国の方向です。自分のことしか考えないというのは、その逆になると思います。

全自動の救済システムがあるようです。それが因果の法則で、自分が周りにしたことが、倍返しで自分に返ってくるというものです。

「宇宙は律儀な倍返し」というのが、正観さんの本からです。

そう思うと、私も馬鹿なことをたくさんしちゃったなぁ、と思うことがたくさんあります。それは過去を受け入れて、未来に起きるかもしれないことを受け入れて、現在を楽しむのがよろしいようです。

でも、倍返しだったら、いいことをはじめてみるのもいいと思いますよ。

まとめ

この手の話は、そうみたいとか「仮説」としてしか、話せないものです。

それでも、ほぼ100%確実なのは、私も皆さんも、遅かれ早かれ「死ぬ」ということです。

そのときに、神さまから、「今回の人生はどうだった?」と聞かれたら、「おかげさまで、すごーく、楽しかったです。ありがとうございます。」といえるのがよろしいかと思います。

ありがとうございます。

-Naoki



















お問い合わせ(ご質問、ご注文など) | 羽田製茶にご注文 | シリコンバレー不動産 | English site

お問い合わせ(ご質問、ご注文など) | 羽田製茶にご注文 | シリコンバレー不動産 | English site

小林正観さんのお話
の1つです。

「失敗した、間違った、と思ってたことに感謝できる」というものです。

なぜかというと、「今、あのときの選択はよくなかった」と思える自分は、過去の自分よりも経験をつんで、レベルアップしているという事実に感謝できるというものです。

過去最高レベルな自分

つまり、今の自分は過去最高レベルな自分であるわけです。

過去にも、過去最高レベルな自分がいて、その判断をくだしたわけです。だから、それは最高の選択だったんですね。その結果、さらにレベルアップした今の過去最高レベルの自分がいるわけです。すばらしい。

未来には、さらに過去最高レベルな自分がいるわけです。だから、いま、目の前の選択は現在の最良の選択であっても、未来には違うと思う自分がいるかもしれない。そうすると、謙虚になれるわけですね。

斎藤一人さん風の実践例

正しいと思うことよりも、楽しいと思う、ワクワクするほうを選びます。

ただし、大人の責任感を持ってです。それは、クレジットカードを使って、買い物をしたら、請求書があとから届きますよ、というような簡単な原因と結果の関係です。

小林正観さん風の実践例

こっちを選んだとすると、体の中で、うれしい、たのしい、しあわせ(うたし)と感じる、ほうを選びます。

トランプの中身を見ないで当てる練習をするときなどにできるようです。

寺山心一翁さん風の実践例

Oリングテストで体に聞く。

寺山さんは、親指と小指でOリングを作って、もう片方の手の人差し指と親指をそのOリングの中に入れて開きます。開いたら、弱いということ。開かないほうがいい選択というようです。

目の前でいろいろチェックしているのを見てますと、いろんな相性をチェックできるようです。

羽田直樹風の実践例(笑)

上記のごちゃまぜです。耳で感じます。

「ハトホルの書」という本に、自分の感情を体で感じるという実験がありました。ベッドで横になって、体を楽にして、過去にあったことや創造で感情を感じてみるのです。そのときに体がどのように感じるかを観察するというものです。

私にとって、「最高にワクワク、うれしい、たのしい、ありがとう」といった感情のときに、肩から上と、首の後ろと、耳の後ろが、ぞくぞくするように感じます。耳が動くって感じもあります。

うちで飼っているメキシコインコのラッキーも、うれしそうなときは、首を伸ばして、顔の後ろと首の羽を逆立てて、得意そうに歩き回ります。

まとめ

楽しい選択をするのが一番で、後でそれがよくなかったと思うことでも、それはそのときに最高の選択です。

特に人生を変えるような大切な選択は、人に相談しないで、自分で決めるのがいいようです。

ワクワクを感じるのは、あなたです。

お問い合わせ(ご質問、ご注文など) | 羽田製茶にご注文 | シリコンバレー不動産 | English site

お問い合わせ(ご質問、ご注文など) | 羽田製茶にご注文 | シリコンバレー不動産 | English site

プロフィール

Maintenance by

Pages

サインイン

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

アーカイブ

タグクラウド

サインイン