Results tagged “流星群” from 羽田直樹:健康と幸せと幸運と裕福をお届けします。ありがとうございます。

20101001-IMG_2345.jpg
流星群を見てみませんか?

英語では、メテオシャワー (meteor shower)といいます。

今年のペルセウス座流星群(Perseids)は、新月に近くて月明かりもすくなく、アメリカでの条件はとてもいいです。

日時

極大の予想時間は、日本時間で8月13日15時26分となっています。

シリコンバレーおよび西海岸標準時(Pacific Time DST)では、8月12日23:26分となります。

極大のピークは前後数時間のようですので、9pm-10pmの少し早めの時間でも十分楽しめるかと思います。

シリコンバレー

シリコンバレーの夏の夜空は、乾燥しているので、日本の秋の夜空のように、結構きれいに見れます。

天気予報のほうもだいたい良さそうです。

場所

基本的には暗いところがいいので、町中から離れるといいです。

ただし、海のほうにいくと、夜は曇っていることがあるので、南のMorgan Hillとか、内陸のほうに向かうといいかと思います。

日本と違って、公園や駐車場など、日没後は立ち入り禁止になっているところが多いので、その点は注意しましょう。

以前は、Seira Road, San Jose の山のほうなどに見に行っていたこともありました。

グループ

MeetUp.com などで星見のイベントをしているグループがあると、場所のアレンジがされているので、いいかもしれませんね。

終了時間も一応チェックしておきましょう。

以前に流星群の極大日にどこかのグループのイベントがあって、参加したのですが、10pm位の早い時間にお開きになってしまいました。

オープンスペース

あと、とっておきの場所があるのですが、そこは許可証が必要になります。

Monte Bellaという、Open Spaceの管理しているところがあるのですが、星見用に夜間の許可証を発行しています。親切なことに無料です。

以下のサイトの、After-Hours Astronomyのところで申請できます。

http://www.openspace.org/visit-a-preserve/permits

先週申し込んだときは、予約一杯だったのですが、別のところをアレンジしてもらえました。

去年は予約一杯で極大日の次の日に行ったのですが、他には誰もいませんでした。


花火を見るときに、子供が喜んでいるのが、以下の2パターンです。

オープンカーで天井を開ける。

トラックの荷台に、キャンプ用の折りたたみの椅子を置いて、お菓子を食べながら。

写真

カメラと三脚があれば、流星の写真に挑戦してみるのも楽しいかと思います。

シャッターを長く開けられるといいですね。

基本的には花火の写真と同じですが、絞りは開放から1-2段絞るほうが周辺減光と言って画面の端のほうが暗くなるのを抑えられるかと思います。

マナー

明るい光を見ると、瞳孔が小さくなり、しばらく暗い星が見えなくなります。暗闇に目が慣れるのに、10-15分ほどかかるようです。

懐中電灯を使うときは、赤いフィルムをつけましょう。

駐車場などで見るときは他の人がいたら、あまりヘッドライトで照らすのは避けましょう。

そうはいっても事故にならないほうがいいので、安全第一ですね。

まとめ

基本的に暗くて空のよく見えるところに行けば、普段よりも流星が多く見られると思います。

気軽に楽しめることなので、ぜひ、見てみましょう。

ありがとうございます。

お問い合わせ(ご質問、ご注文など) | 羽田製茶にご注文 | シリコンバレー不動産 | English site

お問い合わせ(ご質問、ご注文など) | 羽田製茶にご注文 | シリコンバレー不動産 | English site

プロフィール

Maintenance by

Pages

最近のブログ記事

サインイン

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

タグクラウド

サインイン