5月20日の金環日食をアメリカで楽しもう。(カリフォルニア、ネバダ、ユタ、アリゾナ、ニューメキシコ、テキサス)

|

このエントリーをはてなブックマークに追加

capture_20120516_222833.png
アメリカでも

日本で話題になっていますが、同じ金環日食がアメリカ西部でも見れます。

日帰りでいける範囲で見れるなんて、一生に一度ぐらいのことですので、楽しんでしまいましょう。

また、カリフォルニアですとこの時期は晴れ続きですので、日本よりも条件がよかったりするかもしれません。

時間

アメリカ西部では、20日(日曜日)の夕方になります。

アリゾナのほうなどですと、食の間に日没になったりするようです。

見れる場所をチェック

まずはどのあたりで見れるかを、NASAのサイトでチェックするのがいいと思います。

http://eclipse.gsfc.nasa.gov/SEgoogle/SEgoogle2001/SE2012May20Agoogle.html

クリックすると、時間と食分が見れます。ただ、世界標準時なので、よくわからないです。

他の場所と現地時間

他のサイトで、現地時間の見れるところがありました。さらに都市ごとにどのように見れるかの画面もあります。

San Jose, CA では以下のようになります。都市で検索すると出てきます。

http://www.timeanddate.com/eclipse/in/usa/san-jose

携帯アプリ

iOSでは、「金環食2012」というのがよかったです。

http://www.appbank.net/2012/05/14/iphone-application/410155.php

Androidでは、「金環日食チェッカー2012」というのがよかったです。

見る場所を選定

夕方で日没にも近い時間ですので、以下のような条件が合うところがいいと思います。

日没位置が開けていて、地平線ぐらいまで見えるところ。

高い木などのないところ。

子供のいる家庭などは、トイレのある公園など。

撮影機材などもって行く方には、駐車場に近いところなど。

行ったところで実際にこの時期に日没を見てみないとなかなかわからないと思います。

シミュレーター

上記のiOSの「金環食2012」はとてもよく出来ていて、AR(現実拡張)がチェックできます。

他には、Google MapとGoogle Earthでチェックする方法もお薦めです。

Google Earthでは、当日の時間の太陽の位置を表示することも出来ます。

山の標高なども分かるので、どんな風に見えるかが大体分かります。

さらに公園などの道路際でしたら、ストリートビューで高い木などが生えていないかなどもチェックできます。

ただ、トイレやそこに勝手に入って行ってもいいところなのか、残雪で道路が封鎖されているかなどは、わからないところです。

他の情報

日本のサイトにも実際に観察する方法や、太陽投影板やピンホールカメラの自作の方法など検索するとたくさん出てきます。

調べて自作も楽しみのうちだと思います。

ポイントは絶対に目を痛めるようなしないように注意しましょう。

ありがとうございます。

-Naoki









お問い合わせ(ご質問、ご注文など) | 羽田製茶にご注文 | シリコンバレー不動産 | English site

お問い合わせ(ご質問、ご注文など) | 羽田製茶にご注文 | シリコンバレー不動産 | English site

プロフィール

Maintenance by

Pages

最近のブログ記事

サインイン

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

アーカイブ

タグクラウド

サインイン