備忘録:Q-Seeの264ファイルのAVIファイルへのコンバートの方法

|

このエントリーをはてなブックマークに追加

20110831-IMG_7637-2.jpg
不審者が自宅の玄関先に来ていたので、Q-Seeの家庭用のセキュリティカメラのデータをYouTubeにアップロードして、ご近所ネットワークのMLで聞いていました。

方法がわからず、2時間ほど試行錯誤していたので、その備忘録です。

USBドライブの用意

複数の種類のカードリーダーのあるものは、認識しないみたい。

4GB以上の容量のものも、認識しないようです。

2GBのサム・ドライブでは、認識しました。

リブート

少々、面倒なことに、DVRの電源を落として、再起動しないと上記のUSBドライブは認識しませんでした。

バックアップ

保存したいチャンネルの記録の時間のデータを検索して確認し、バックアップのチェックボックスを入れます。

その後、メニューからバックアップを選びます。

上記のUSBドライブが認識していないと、エラーが出ます。

保存されたファイル

USBファイルに保存されたファイルは、拡張子が264となっています。

264 -> AVIのコンバート

このファイルをPC上で再生することも出来ないし、そのままYouTubeにはアップロードしてエラーになっていました。

コンバートする方法は、セキュリティカメラのDVRをネットワークでつないでおいて、そのアドレスにIEでアクセスすることで出来ます。

プラグインの関係で、IEでなくてはなりません。プラグインを有効にすると、操作ができます。

REPLAYのところにある、「264 TO AVI」でできます。

ただし、このファイルはDVR上でなくPC上にある必要があります。上記のようにUSBドライブでPC上にコピーしておく必要があります。

バックアップ機能があるようですが、IE上からバックアップするとDVR上のフォルダに保存されてしまいます。そのファイルへアクセスできたら、便利なのですが、方法は不明でした。

AVIファイル

横幅が2倍ぐらいに伸びています。よく知りませんが、そういうものなのかもしれません。Media Playerなどで再生ができます。

YouTube

コンバートされたAVIファイルは、YouTubeにもアップロードできます。

まとめ

あんまり親切な設計になっていませんが、なんとか必要なことはできました。

もし、Q-SeeのDVRを使っているかたで、もうすこし楽な方法をご存知の方がいましたら、教えていただけるとうれしいです。

ありがとうございます。



お問い合わせ(ご質問、ご注文など) | 羽田製茶にご注文 | シリコンバレー不動産 | English site

お問い合わせ(ご質問、ご注文など) | 羽田製茶にご注文 | シリコンバレー不動産 | English site

プロフィール

Maintenance by

Pages

最近のブログ記事

サインイン

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

アーカイブ

タグクラウド

サインイン